ラーメン店の厨房床について in福岡

湿式床 飲食店厨房床 業種別工事事例

ラーメン店開業するために、厨房の床をどうやって作ればよいかわからない・・・・・。これはラーメン屋を開業する予定のお客様からのリアルな悩みです。

今記事は軽飲食や重飲食店舗、それぞれどんな厨房が適しているのか、私の見解をもとにお話進めて行きます。

これからラーメン屋を開業する人は、是非最後まで見ていただけると、自分のお店にとって最適な厨房の作り方が見えてくると思います。

ラーメン店 厨房床工事

 

ラーメン店に適した床仕上げについて

ドリンク中心のcaffeやBARなどは軽飲食の部類に分けられますが、ラーメン屋さんはラーメンだけでは無く、焼餃子やチャーハン等提供するお店が多く油がたくさん出るため、一般的には重飲食と呼ばれる業態になります。

油で排水管が詰るおそれがあるので、グリストラップの設置を大家さんから要望されることがほとんどですね。

飲食店の厨房の床造作には二種類あります

ラーメン店に限らず、飲食店の厨房の床の作り方は二種類あります。大まかには乾式と湿式と分かれますが、先程書いたような軽飲食店なら乾式床、重飲食店なら湿式床が一般的ではありますが全てがこの限りではございません。

湿式床について

湿式床 飲食店厨房床

湿式の床をわかりやすく言いますと、左官職人さんがモルタルで作った床になります。※写真参照
金額は乾式床よりもかなり高くなりますが、乾式床との大きな違いは水が流せる床ってことです。

ラーメン店で麺を茹でた時湯切りをしますよね。床に向かってバシャバシャと勢いよく湯切りするラーメン店は多いです。茹でたてのお湯ですから、お湯の温度もかなり高温ですので丈夫な床が必要になってきます。

モルタルの床でアレば、水を流して掃除も出来ますし、湯切りをするにしても最適な床仕上げとなるため、ラーメン店では要望の多い床仕上げとなります。

・乾式床に比べて丈夫
・水洗いが出来る
・床に向かって湯切りが出来る

 

湿式床のデメリット

湿式床のメリットは、先程書きました、水で洗えて湯切りが出来る事ですが、その逆のデメリットとしては、水が流せますが、厨房機材の下の方に麺や食材のカスが残ってしまうことと、撒いた水がずっと残ってしまうので、いつまでもジメジメしてしまうのです。

そうすると何が起こるのか?想像出来ますよね。食材のカスと水分でカビが発生しやすくなるし、害虫の餌になるのですから、害虫にとっては最高の環境を作ってしまうコトになるのです。

床に向かって湯切りをしなくても、もっと効率的に湯切りがしっかりと出来る何か良い方法があるんだとおもうのですが・・・・・頑なにラーメン店さんはこの湯切りのパフォーマンスをやりますよね。

僕からしてみたら、百害あって一利しか無いって思うのですが。。。。

・乾式床よりもかなり高額になる
・工事期間が乾式床に比べて長い
・水を流して洗えるが水分や食材カスが残る
・害虫がでやすい

 

乾式床について

ラーメン店 厨房床乾式床とは、大工さんのお仕事になります。家を建てるのと同じ感じで床を木で組み立てて行くのです。湿式床を作るよりは遥かに早くて安く作れるのがメリットですね。

乾式で作った床材の上からは、主に塩ビシートを貼ることが多いです。塩ビシートは水分を浸透させませんから、水拭きも可能です。

しかし、ラーメン店みたいに湯切りを地面に向かって行うのであれば、乾式床で塩ビシートの仕上げはラーメン店では絶対に不向きです。
逆に言えば、地面に向かって湯切りしなければOKです。

防水性のある塩ビシートですから、多少の水分は全然OKなので、工事期間や価格からしても、地面に向かって湯切りしないのであれば、絶対乾式床をおすすめします。

乾式床のメリット

乾式床のメリットをまとめますと

・湿式床に比べて安い
・湿式床に比べて工事期間が短い
・リフォームの場合、お店を閉める日数が削減できる
コレですね。
デメリットは
・水洗いが出来ない
・油でヌルヌルすることがある
・湿気に弱い

湿式でもデメリットを解消出来る方法があります

こうやって書いていると、湿式の床は駄目なのかって感じに聞こえてしまっていますが、それでも湿式床のデメリットを解消する方法はあります。

ここで詳細は控えますが、このデメリットを乗り越えてでもモルタルの床が良いと言うオーナーさんは一度、福岡飲食店内装センターにご相談ください。

弊社の理念としては、お客様が望むものをできるだけ完璧な形で提供するということですから、予算やニーズに合わせた話し合いができればと思います。

 

お問い合わせ方法はこちら

福岡・北九州で飲食店開業の内装工事業者をお探しなら、福岡飲食店内装センターの公式ホームページをご覧になり、通話料無料のフリーダイヤルからお問い合わせください。

福岡飲食店開業内装センターの公式ホームページ

飲食店内装センターの運営元:福岡内装センターのGoogleレビュー

Excellent
Based on 109 reviews
K Green
K Green
2023-11-24
とても丁寧に迅速に対応して頂きました。
早麻英樹
早麻英樹
2023-11-15
対応が良かったです。
田中恭子
田中恭子
2023-11-06
クロスの張り替えをお願いしました。予定より早い期間で丁寧に仕上げていただきました。
S H
S H
2023-11-05
すてきな内装できあがりました! 内装以外のことも多岐にわたっていろいろアドバイスもしてくださり、素敵なお店に仕上がりました。 本当に感謝です★ これからも引き続きよろしくお願いします。
飯笹暁士
飯笹暁士
2023-10-25
こちらの会社の社長さんとは長いお付き合いをさせて頂いてます。 仕事に対して非常に高水準の仕上がりを追及されているため、お客様には喜ばれるものを提供されています。 弊社もパートナーとして協力させて頂いますが、いつも気持ちいい取引をさせて頂いてます。
アンアン
アンアン
2023-10-21
ホームページを見て(吹き抜け窓のロールスクリーンなど)依頼をしました。 こちらの要望もしっかり聞いてくださり、迅速かつ丁寧な対応で依頼して本当に良かったです。ありがとうございました。また内装での相談は是非お願いしたいです。
牟田涼凪
牟田涼凪
2023-10-19
電話で問い合わせをしたら次の日にすぐ来てくださいました。快く引き受けてくださり、すぐに修理して頂けました。
**
**
2023-09-18
オーダーカーテンをお願いしました。素敵な空間になりました。親切に対応していただきありがとうございました。
かりうkariu
かりうkariu
2023-09-17
引越したのでまたお願いしました! 素敵なカーテンを家の窓ぴったりサイズでつくっていただいて満足です♪ ありがとうございました。 オーダーカーテン設置でお世話になりました! 引越し先の窓サイズを細かく測ってくださり、ぴったりサイズのカーテンを設置していただきました。ショールームに同行していただき、細かくアドバイスをいただけたので、内装に詳しくない私にとってとても助かりました。 安心して全てお任せ出来る方だったのでまたお家のことで困った際はお願いしたいです。
濱口史織
濱口史織
2023-09-16
新築マンションで玄関ミラーとリビングのエコカラットをつけて頂きました。 エコカラットをどのように貼るかの相談にも乗って頂き、とても素敵に仕上げて頂きました。 ありがとうございました!
この記事を書いた人
福岡県内で飲食店の店舗内装工事なら飲食店内装センター

1級内装仕上げ施工技能士 倉石 一成(くらいしかずなり)
1972年生まれ。福岡県田川郡出身。若い頃はプロ野球選手を目指していた甲子園・東京ドーム出場経験を持つ内装屋さん。
福岡県内の飲食店開業の内装工事の多くを手掛ける。近隣の県からの依頼も多い

福岡県内で飲食店の店舗内装工事なら飲食店内装センターをフォローする
業種別工事事例内装デザインについてラーメン店
シェアする
福岡県内で飲食店の店舗内装工事なら飲食店内装センターをフォローする
飲食店の店舗内装デザイン工事|福岡飲食店内装センター®
タイトルとURLをコピーしました